音楽CDのダウンロード化について

音楽はとてもいいものである。
そんな音楽メディア機器は現代までにいろんな形を経てきた。
レコードから始まりだんだんと形を変えて大きさも小さくなり、CDという形になった。
でも今ではそれもダウンロードという形が大変になり、CDの姿はだんだんなくなりつつある。
もちろんまだCDもたくさんあるし売上だってある。店頭にも並んでいる。
でも購入する人の数は圧倒的に減ったと思う。
某アイドルの握手会などの特典目当てに購入していく人が増え、本当に音楽がほしくて購入する人は少なくなっていると思う。
簡単にインターネットでダウンロードできる時代。「モノ」は必要なくなっていくのだろうか。
私はそんな世の中が寂しくてたまらない。
音楽はCDでしか伝わらないものがある。それぞれのアーティストがそれぞれにこだわりを持って魂をこめて作り上げたCDがある。
そんな魂がダウンロード版なんかで伝わるものだろうか。
ジャケットだって、歌詞カードだって、すべてアーティストのこだわりが表現されている。
音楽は聞くだけのものではないと私は思うのだ。
もっと「モノ」に執着してこだわりのある世の中であってほしいと思う。

コメントする

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme