高校野球部での体罰

高校野球部での体罰に関しての調査が行われました。日本高校野球連盟が正式に発表したデータです。

それによると、「体罰は絶対にすべきでない」が89.4%です。9.7%が「指導する上で必要」という回答でした。全高校野球部対象なので、9.7%というのは393校に。少なくはない数字です。指導者の質が問われる問題だと思いました。息子の高校のクラス担任は以前、生徒たちに「体罰は絶対に許されない」と強く主張しました。ところが、その担任の手にはハリセンがあるのです。その担任はハリセンで生徒の頭を叩いたりすることは体罰とは思っていない様子で、その後、それが問題化しました。

生徒の父兄から抗議があったからです。担任はハリセンを捨てました。また、言葉の暴力というのもあります。その担任はハリセンを捨てましたが、やたら「アホ」という言葉を口にします。大阪出身の人なので、アホという言葉には親しみの情も含まれているようなのですが、単に見下しているように感じることも多いという意見もあり、これも問題化しました。

コメントする

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme